オンライン英会話

DMM英会話とレアジョブ料金 教材 比較【おすすめどっち?】

  • DMM英会話レアジョブってよく聞くけどどっちを選べばいいんだろう?

こんな疑問を解決します。

あなたがDMM英会話とレアジョブどちらがおすすめかわかるように解説します。

本記事の信頼性/イチロの経歴
  • 私も2年前までは英語超初心者でしたが、今では海外駐在員として現地人のマネージャーとして仕事をしています。
  • 短期間で英語上達できたノウハウや、使ったオンライン英会話、勉強本などの情報発信
  • ビジネスの現場でのリアルな英会話体験に基づいたリアルな情報発信をしています。

本記事はオンライン英会話でレアジョブかDMM英会話で迷った経験をもとに書いています。

本記事を読むと以下のことが分かります。

この記事を読むとわかること

  • あなたにDMM英会話とレアジョブどっちがおすすめか

DMM英会話とレアジョブどっちがおすすめ?英語レベルで解説

どちらがおススメかについて、最初に結論ですが以下のようになります。

英会話初心者で安く受けたいならレアジョブ

  • 【レアジョブが向いている理由】
  • レアジョブはフィリピン人講師のみ。英語を教えるのに適している!
  • 日本人カウンセリングあり。困ったときに日本語で相談できる!
  • さらに、一つ一つの授業を大切に法などの指摘もしてもらいながら上達したい人向け
  • 自分が初心者だと思うなら、レアジョブ一択!
  • DMM英会話よりも安価!

英会話初心者で日本人講師が良いならDMM英会話

  • 【DMM英会話が向いている理由】
  • 122ヵ国以上の講師が在籍。日本人、フィリピン人、ネイティブと選択肢は多数。
  • 豊富な日本人講師数!英語初心者にとって日本人講師は神様のような存在!
  • ただし、日本人講師とレッスンするには「プラスネイティブプラン」を契約する必要があるため少し割高!

英会話中級者(TOEIC500点以上)でコスパよく受けるならレアジョブ

  • 【レアジョブが向いている理由】
  • フィリピン人とのレッスンでOKならコスパよく受けられるレアジョブがおすすめ
  • 教材も豊富、講師も豊富で、毎日のレッスンが楽しいこと間違いなし。

英会話中級者(TOEIC500点以上)でガッツリ受けるならDMM英会話

  • 【DMM英会話が向いている理由】
  • DMM英会話にはいろんな国の人が講師として在籍。ネイティブプラスプランでネイティブとも毎日レッスン可能。
  • さらに、時間を問わずろんな時間にいろんな国の人としゃべりた人向け
  • DMM英会話は、中級者だと思うならこちら一択。

ビジネス英会話メインで受けたいならレアジョブ

  • 【ビジネス英会話を学ぶのにレアジョブが向いている理由】
  • レアジョブはビジネス専用コースもあり、ライティング、リーディングなども学べる
  • ビジネス英会話が学べるビズメイツと比較しても安価な料金設定で、初心者でビジネス英会話を鍛えたい人にはおすすめ!

では、以下より詳しく解説します。

DMM英会話とレアジョブ 料金設定の違い

DMM英会話とレアジョブ 料金設定

DMM英会話

スタンダードプランプラスネイティブプラン
毎日1レッスン
(25分/1レッスン)
6,480円
(*216円)
15,800円
(*527円)
毎日2レッスン
(25分/1レッスン)
10,780円
(*180円)
31,200円
(*520円)
毎日3レッスン
(25分/1レッスン)
15,180円
(*169円)
45,100円
(*502円)

DMM英会話は比較的シンプルです。

これを見るとDMMにはビジネス向け、学生向けはないの?と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

どのプランを選択してもビジネステキストを選ぶこともできますし、学生でも受講は可能です。

ネイティブプラスプランというのは、ノンネイティブ、ネイティブどちらの講師でも予約可能なプランです。割高ですが、日本人講師を選択することも可能です。

レアジョブ

日常英会話コース ビジネス英会話コース 中学・高校生コース
月8回コース4,620円
(*602円)
毎日1レッスン
(25分/1レッスン)
6380円
(*213円)
10,780円
(*360円)
10,780円
(*360円)

レアジョブはプランが多岐に分かれています。

それによってフィリピン人講師のレベルも変えているわけです。ビジネステキストを利用するなら、ビジネスプランを選ぶ必要があります。

幅広く受講するのではなく徹底的にそのコースを実施したい方に向いているかなと思います。

また、毎日受けなくてもいい月8回コースがあるのもいいですね。週末だけ受けたい人にはもってこいです。

さらに、

レアジョブには日本人カウンセリングが受けられる初心者にもってこいのサービスがあります。

月額費用980円が追加になりますが、いつでも追加・削除できます。

初心者には英会話に伸び悩むことが多々あります。

  • 発音が上達しない
  • リスニングが苦手

そんな疑問を気軽に日本人に相談できます。初心者にとって、英語で英語に相談することは相談になりません。

料金設定による違いでおすすめの人は以下です。

ポイント

  • DMM英会話
  • プラスネイティブプランが魅力的のように見えるが、料金設定も高くおすすめしない。
  • 料金設定が豊富でないため、継続している、継続できる人が受けるべき。
    ⇒料金設定としては、すでに英会話がある程度得意な中級者におすすめ!
  • レアジョブ英会話
  • コースと料金設定が豊富。
  • 毎日は受ける自信がない初心者におすすめ。
  • 月約1000円かかりますが、日本人カウンセリングで英語勉強に悩んでもすぐ日本語で相談できる!
    ⇒料金設定としては、毎日受ける自信のない初心者、毎日受けたいけど誰かに相談できるようにしたい、初心者におすすめ

DMM英会話とレアジョブ 講師の違い

DMM英会話/レアジョブ講師比較

レアジョブDMM英会話
講師の国籍フィリピン118か国+ネイティブ
講師数4.000人以上6,500人以上

この表の数字だけ見ると、講師数がかなり多く感じます。しかし、すべての講師が毎日たくさんの授業を行っているわけではないので、同じ講師から毎日同じ時間帯にレッスンを受けることは難しいです。

DMM英会話

DMM英会話は、講師がフィリピン人だけではなく、国籍が多岐にわたります。プラスネイティブプランを選ぶと日本人講師も選択できます。しかし、講師の国籍が多岐にわたるということは、どんな影響があるのしょうか?

発音が全然違って、聞き取れない!!

そう、フィリピン人、イギリス人、フランス人、どれも微妙に発音が違ったりするので、初心者にはおすすめできません。

レアジョブ

一方でレアジョブは、フィリピン人のみです。フィリピン人も日本人と同様に第2言語として英語を学んだ人たちなので、

日本人が英語ができずに困っていることと同じ苦労を乗り越えてきています。

そのため、初心者におすすめ!です。

ポイント

  • DMM英会話
  • いろんな国籍の人としゃべることがきるため、リスニング面で上達できる!
    ⇒誰とでもしゃべれるようになりたい、中級者向け!
  • レアジョブ英会話
  • フィリピン人と徹底的に基礎から英会話訓練できる
    ⇒まずは基礎を充実させたい、初心者向け!

DMM英会話とレアジョブ 教材の違い

 DMM英会話とレアジョブ  どんな教材を使うの?

DMM英会話の教材

DMM英会話はオリジナルテキストの量も多いですし、市販のテキストも購入しなくても使えるところも魅力的で、十分にテキストの量はあります。

多い教材でも自分のレベルにあったものを見つけやすくなっています。


教材も毎回違うものを使うこともできるので、

自分の苦手分野やもっとトレーニングしたい分野があれば、それに沿ったテキストを選ぶといいでしょう。

ほとんどのテキストには音声が付いているので予習や復習を行う時にとっても役立ちます。

レアジョブの教材

レアジョブの教材は入門から上級まですべてオリジナルのテキストです。

テキストば文法や単語、そのトピックに合った質問などバランスよく取り入れてあり、後半は講師がトピックに合った質問をしてくるので自分のことを英語で答えることができとても力が付きます。

ほとんどの講師がこの時に細かく文法の修正などを行ってくれます。

ポイント

  • 教材面での有意差はなし

⇒しかし、フィリピン人講師であるレアジョブはの方がきっちり文法などの指導もしてくれるため、初心者向け

DMM英会話とレアジョブ レッスンの受け方による違い

DMM英会話とレアジョブ どうやって受講するの?

DMM英会話の場合

DMM英会話はEikaiwa Liveという独自のビデオ通話システムを使用してレッスンを受けます。24時間ほレッスンが受けられるため、時間を選ばず受講できます。

またどの時間もまんべんなく講師が在籍しているため、自分の都合に合わせて受講できるといえます。レッスンは15分前までに予約、キャンセルは30分前までです。

これはどこでもそうだと思いますが、人気講師は予約がなかなかとりずらいので、そこは運と細かいチェック次第かもしれません。

レアジョブの場合

レアジョブもブラウザによる独自通信システムを利用します。24時間ではなく、あさ6時~深夜1時で受講可能です。

時間帯によって講師がまばらになるときがあります。おおむね早朝6時が講師数が少ない印象です。ですがピンポイントでその時間を選ばなければ講師数は多いのでそこまでネックにはならないかもしれません。

講師の検索は、【趣味】や【ビデオを使ったレッスンが多い】などいろいろな項目で検索することが可能です。

また、講師歴も載っていますので、最初は講師歴の長い講師からレッスンを受けてみるといいかもしれません。レアジョブの予約はレッスン開始の30分前まで可能で、キャンセルも30分前まで可能です。

ポイント

  • 受け方による有意差はないが深夜はレアジョブは受けられない。

DMM英会話とレアジョブ 日常英会話最適なのはどっち?

料金面

レッスン頻度月額費用(レッスン単価)
DMM英会話毎日3レッスン15180円(169円)
DMM英会話毎日2レッスン10780円(180円)
DMM英会話毎日1レッスン6480円(216円)
レアジョブ毎日1レッスン6380円(213円)
レアジョブ月8回レッスン4620円(602円)

*DMM英会話はスタンダードプラン(*非ネイティブプラス)を選択

ここから言えることは、

  • 日常会話をライトに楽しみたい人は、月8回、毎日1レッスンレアジョブがおすすめです
  • 日常英会話をがっつり受けたい人はDMM英会話一択です。

レッスン内容

教材などから総合的に判断すると、レッスン内容としては大きな差はありませんが、レアジョブ英会話の方が日常英会話のテキストなどが人気が高くおすすめです。

ポイント

  • 日常英会話をがっつり(1日1回以上)受けるならDMM英会話
  • 1日1回以下で受けるならレアジョブ英会話!

DMM英会話とレアジョブ ビジネス英会話に最適なのはどっち?

料金面

レッスン頻度月額費用(レッスン単価)
DMM英会話毎日1レッスン6480円(216円)
レアジョブ毎日1レッスン
ビジネスプラン
10,780円(360円)

料金だけ比較するとレアジョブ英会話は高いですが、専用プランが設けられており、

本気でビジネス英会話を学びたい人はレアジョブ英会話がおすすめです。

レッスン内容

DMM英会話はビジネス向けのテキストに沿ってレッスンを受けるのに対して、レアジョブ英会話はリスニング スピーキング だけでなくビジネス英語に必要なリーディング 、ライティングの4技能の強化が図れるカリキュラムです。そのためビジネス英会話鍛えたいならレアジョブ英会話一択です。

ポイント

  • ビジネス英会話で鍛えたいならレアジョブ英会話がおすすめ!!

本気でビジネス英会話

もっと本気でビジネス英会話を極めたいなら、ビズメイツがおすすめ。

Bizmates ビズメイツ 体験談から解説|初心者OK?レベルは高い?

続きを見る

体験レッスン受けてみてわかる違い

ここからは体験レッスンを受けた感想です。参考にしてみてください。

DMM英会話の良い点、気になる点

体験レッスンで感じたメリット/デメリットを解説します。

ポイントは以下です。

  • 良い点
  •  先生の質が高い。⇒しかしこれは当たり前。
  •  日本人講師が初心者には安心。
  •  教材が豊富でフリートークが苦手な初心者でも安心。教材に沿ってレベルアップできそう。
  • 気になる点
  •  評価の良い講師の予約には苦労しそう。

一つずつ補足します。

  • 先生の質が高い

体験レッスンでは、1回目はフィリピン人講師、2回目は日本人講師でトライしてみました。どちらも講師の方はとても話しやすく、こちらが喋るのをしっかり聞いてくれますし、話し上手なのでフリートークを選んでも会話に困ることはありませんでした。

また、生徒にしっかり話させようとしている印象を受けました。そりゃそうですよね。オンライン英会話で講師が喋っては意味がありません。生徒が話しやすい環境づくりは大事です。

また、日本人講師は初心者におすすめできますが、プラスネイティブプランなので割高になります。分からないときでもしっかり聞けるので、確実に上達できます。

  • 教材が豊富

DMMの良い点は教材が豊富なので、フリートークが苦手な人にはもってこいです。

単純な日常英会話、ビジネス英会話というテーマではなく、写真描写やテーマ別会話(おすすめ)など、自分ができそう、チャレンジしやすそうなテーマが豊富にあります。

  • 評価の良い講師の予約には苦労しそう

これは、どのオンライン英会話でも同じかもしれませんが、評価の良い講師の予約は苦労するかもしれません。私が受けようとした時も、そこまで選択肢は多くなかったです。

ですが、「評価の高い講師」が「自分にあった講師」とも限らないので、レッスンを受ける中でお気に入りの講師は見つけられるかもしれません。

レアジョブ英会話の良い点、気になる点

体験レッスンで感じたメリット/デメリットを解説します。

ポイントは以下です。

  • 良い点
  • レベルチェックのスピーキングチェックができる。
  • 日本人カウンセリングが良い!
  • 講師、教材の質は申し分なし。
  • 苦労しそうな点
  • 特になし、強いて言えば、人気講師の予約に苦労しそう。

一つずつ補足します。

  • レベルチェックのスピーキングチェックができる

レッスンの初めに講師との会話でレベルチェックできます。レベルは 1 ~ 10 まであり、

  • レベル 10 →「ネイティブに近いレベル」
  • レベル 9 →「流暢かつ正確な英語が話せるレベル」
  • レベル 8 →「英語での議論や会議をリードできるレベル」
  • レベル 7 →「詳細な説明ができ、会議に難なく参加できるレベル」
  • レベル 6 →「興味のあることについて、会話が続くレベル」
  • レベル 5 →「身近なトピックで会話ができるレベル」
  • レベル 4 →「海外旅行に必要な英語を話せるレベル」
  • レベル 3 →「身近な話題について受け答えができるレベル」
  • レベル 2 →「自分や家族の簡単な紹介ができるレベル」
  • レベル 1 →「英語で挨拶ができるレベル」
  • このレベルで自分にあったレッスンを受けられます。

これとてもいいですね。自分が無謀な挑戦をしていないかが把握できて次のレッスンでもレベルを参考にレッスンを選べます。

そのため、初心者向けにこのレベルチェックはおすすめはです!何故なら、加入後にレベル差で苦労しなくて済みます。

  • 日本人カウンセリングが良い!

これもとても助かります。何故か英語の学習方法に悩んでいるときには、英語ではなく、日本語で本音で相談したいですよね。

残念ながらこれは体験レッスンでは無料ですが、実際は「あんしんパッケージ(月額980円)」に申し込む必要ありです。ですが、いつでも解約できるので、初期のころだけでも、申し込むことをお勧めします。

これも、初心者向けにおすすめはです!何故なら、英語上達には、学習の道筋を第三者に示してもらうのがとても重要だからです。

  • 講師、教材の質は申し分なし。

レアジョブには多数の講師が在籍していますが、体験レッスン受けた限りでは申し分なかったです。話も聞き取りやすいですし、こちらの話もしっかり聞いて、話しやすい環境を作ってくれます。

講師はほぼフィリピン人ですが、日本語可能な講師も選択できるので、日本人講師がいなくとも安心です。教材についてもレベルごとに分かれており、スピーキングで判別したレベルに応じて簡単に選ぶことができます。

まとめ:DMM英会話とレアジョブ おすすめどっち?

DMM英会話とレアジョブ おすすめどっち?

まずは無料体験レッスン申し込みしてみてはいかがでしょうか?

当ブログでは、英語初心者向けに英語学習のノウハウやおすすめオンライン英会話を紹介しています。

興味のある方は是非覗いていってください。

-オンライン英会話

© 2020 イチロブログ