英語参考書

【無料体験】使える英語教材 おすすめ4選 【返金可能】

【無料体験】使える英語教材 おすすめ4選 【返金可能】
  • 英語の勉強のために、英会話通ったし、英語の勉強本も読んだ・・・。
  • でもなかなか上達しない。
  • ネットで購入できる英語教材ってあるけど、それってどうなのかな?
  • まずは無料体験してみたいけど、あるかな?

そんな疑問をお持ちの方も多いはず。

この記事では、そんなあなたにおすすめの
ネットから(オンラインで)申し込める英語教材を紹介します。

この記事は以下の構成になっています。

おすすめオンライン英語教材の紹介 ☆返金して無料体験可能☆

おすすめオンライン英語教材の紹介 ☆返金して無料体験可能☆

世界の七田式英語教材7+English
*返金可能期間あり

費用

  • 21,780円(税込み)

概要

  • 「七田真」という方が作られた、中学英語だけで英語がたった60日でしゃべれるようになるもの
  • たった7分で10個の英会話フレーズを完全に記憶する方法
  • 丸暗記でとどめず「完全記憶」に変えていく400%学習方法
  • どんな場面でも応用が利く60個の長頻出パターン
  • ネイティブスピーカーの英語が一瞬でゆっくりに聞こえるリスニング術

これら本当に?

というような内容ですが、百聞は一見に如かずです。

値段もそこまで高くありませんし、ぜひトライをおすすめします。

どんな人におすすめ?

  • とにかくあまり長い時間をかけられない
  • 2か月後には話せるようにならないといけない、
  • 最短で話せるようになりたい、

申し込み方法

  • 申し込みの注意としてAmazonからは申し込まない方がいいです。返金できません。


プライムイングリッシュ
*返金可能期間あり

費用

  • 32,780円(税込み)

概要

  • ”Conscious Learning Method”と称する人が言語を習得する過程をシステム化した教材
  • 語学上達の方法は、こどもが親をまねて言葉がしゃべれるようになるようになること。
  • 「ネイティブが使うフレーズや話し方を繰り返し真似し、それを自分で再現できるようにする」ことです。

なんでも基本はまねです。

仕事も、スポーツも周りの人をまねて上達していきます。

ですが、日本にいる人は、ネイティブと日常的に会話できる機会はあまりありません。

そのような環境でも、効率的に英語を繰り返し真似て英語が話せるようになるのが、”Conscious Learning Method”のノウハウを組み込んだ英語教材です。

感想

  • たった6ヵ月、毎日1時間継続すれば十分に効果が期待できます。継続は力なりです。
  • 買い切りでできるので、自分のやる気次第で十分に上達します!

申し込み方法

  • 14日間で気に入らなかったら返金可能です。

ネイティブイングリッシュ
*返金可能期間あり

費用

  • 29,800円(税込み)

概要

  • 独自の2段階音声で流して聞くだけの簡単リスニング
  • 「瞬間スピーキング」で言いたいことが瞬時に言える
  • 楽しく英語が学べる「DJトーク」
  • ネイティブが実際に使う生のフレーズ
  • 日常英会話から英字新聞まであらゆるシーンに対応
  • バイリンガルによる個別メールサポート

前提としては聞き流すリスニングをベースに勉強するものですが、「聞き流すだけで英語ができるようになるの?」と不安な方も多いと思います。

ですが、 ネイティブイングリッシュは「安心の90日間全額返金保証制度」があるのでそんな心配はいりません。

開封したあとでも返品可能なので自分にあっているかしっかりと試すことができるので、お試し感覚でじっくりトライすることができます。

申し込み方法

  • 「安心の90日間全額返金保証制度」あり

JJ ENGLISH エクササイズ
*返金可能期間あり

費用

  • 32,450円(税込み)

概要

  • 動画を見まくって、中学英語をフル活用して話せるようになる教材
  • 100日間の返金可能期限

申し込み方法

  • 100日間の全額返金保証付き

まとめ

まとめ

いかがでしょうか?

いろんな種類ありますが、どれも無料体験、返金保証がついていたりするのでまずは試してみる感覚で初めて見てはいかがでしょうか??

英会話に必要な英語力は中学レベルで十分対応できます。


本ブログでは、以下のような英語学習者におすすめの記事を書いています。

最後に、 本記事で紹介した教材も中学英語を”どうやって脳内に定着させるか”、を繰り返し練習しやすいように工夫された教材ばかりです。

ぜひお試し下さい。

-英語参考書

© 2020 イチロブログ