英語参考書

英会話初心者が必ず読んでおきたいフレーズ本5選【厳選】

【暗記に最適】英会話 初心者におすすめフレーズブック 5選
  • 受験で単語や文法をたくさん覚えたけど、結局言いたいフレーズが出てこない

こんな疑問を解決します。

✓本記事の信頼性

私も2年前までは英語超初心者でしたが、今では海外駐在員として現地人のマネージャーとして仕事をしています。
自分のレベルはTOEIC300点ぐらいでした。(中学英語すら不十分)

本記事を読むと以下のことが分かります。

✓この記事を読むとわかること

  • 英会話フレーズブックの有効活用方法
  • 英会話 初心者におすすめフレーズブック厳選5選

インターネット上の紹介ページは10冊も15冊もおすすめしているページがありますが、それでも多すぎます。

時間が有り余っていればいいですが、フルタイムサラリーマンなど時間のない人は実際そんなにいっぱい勉強できません

本記事では自分が勉強してみてよかった、 主に初心者向けのおすすめを紹介していきます。

英会話初心者が必ず読んでおきたいフレーズ本 有効活用方法

フレーズ本はただただ頭の中で繰り返して読むだけではあまり意味がありません

なぜなら頭で読むだけでは身につかないからです。

もちろん外人や英会話講師としゃべるときに、実際使って言ってみるのが一番効果的です。

でも、そういう機会が少ない人はどうすればいいの?

と、思いますよね。

そういう機会がなかなかない人におすすめの方法があります。

日本人同士でしゃべっているときにでも、自分が覚えたフレーズを使ってみるといいのです。

「ちょっと英語のフレーズ覚えたんだ。聞いてみてくれる?」

こんな感じです。

こういうことを積み重ねて、ほんの1分でもフレーズの復習時間を作ることで、頭に残っていきます。

そういう些細なことから繰り返していくことで頭に定着させましょう。

英会話初心者におすすめフレーズ本選び方

ここでは、フレーズ本を選ぶときのポイントについても解説しておきます。

英語初心者が本などを使って、英会話勉強していく上で、何を学習するのかをしっかり考えておくことが大事です。

何を学習するかを考えたうえで、参考書、勉強本の選ぶ基準について知っておけば、今の自分に適した本を選ぶことができます。

今回はフレーズ本の選び方について私が考える基準について解説します。

ネイティブが使うフレーズを本を選ぶ

英語のスタンダードはネイティブとも言われたりするので、

ネイティブが日常で頻繁に使っているフレーズ本を選ぶようにしましょう!

なぜなら、英会話を話せるようになるには、ネイティブが話す表現を覚えていくのが一番近道だからです。

ネイティブが日常で良く使う言い回しは確かにたくさんありますが、本に収まらないほどではありません。

フレーズ本にCD付属は必須!

最近の英会話勉強本、フレーズ本にはCD付属していることが多いため、あまり問題にはなりません。

ですが、必ず音声付のものを選びましょう。

知っての通り、英語の発音はかなり聞いて、自分で発することが大事です。

  • いざフレーズだけを知っていても発せない。
  • 発しても通じない

なんて言うことは多々あります。

CDが付属している英会話本を使ってしっかりリスニング&スピーキングの練習もしましょう。

英会話初心者が必ず読んでおきたいフレーズ本5選

英会話 初心者におすすめフレーズブック 5選

では、ここからおすすめのフレーズ本を紹介します。

どれも有名な本なので、ハズれはないです。

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

英語を話せるようにならないといけない。

でも過去いろんな教材を試したけど、なかなか効果がでなかった?

そんな経験をしたことはありませんか?

この本はそんな悩みを取ってくれる、英語を笑って話せるようになる本です。

CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ) 

日本人はネイティブが知らない英語のアクセントやイディオムを教えられます。

そんなに難しいことは必要ありません。

もっと簡単に英語を話そうをモットーにした本です。

アメリカ人が赤ちゃんの時から聞いて覚える英語を学んで

そんな簡単な言い回しで伝えられるんだ!ということを実感できる本です。

英会話1000本ノック[入門編]

英会話の上達の秘訣はシンプルな練習を何度も繰り返すことです。

難しい単語やフレーズを覚えても実際なかなか使う時になると出てきません。

自分の言葉にするには、繰り返しすらすら言えるようになることです。

この本はそうやって上達できる本です。

日本語脳では出てこない英語フレーズ80 (ディスカヴァー携書)

日本語と英語は言葉の順序が全然違います。

日本語で考えた順序で英語をに直していては英語はしゃべれません。

そんなトレーニングができる本です。

「英語では何と言うか」を自分で考え、一瞬でも自分で考えることで、印象に残りやすくなります。

状況を想像しながら、自分ならばどう言うかを繰り返し
練習することで慣れていける本です。

話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100 (ディスカヴァー携書)

「文法は頭に入ってわかっているのにいざとなると話せない」

「頭には入っているのに、口から出てこない! 」

こういったお悩みをお持ちの方に制作されたのが本です。

暗唱すべき 100 の英文には、各文に 2 つずつ、合計 200 の頻出表現が収録されています。

100の英文を丸ごと覚えるだけで、英語がスラスラ出てくる口を作ることができます。

しかも、その 100 の英文はビジネスパーソン男性の一日を描いたものとなっており、ストーリー仕立てなので、飽きずに学習ができます。

また、ストーリーと一緒に英文が記憶に残りやすいから、英文自体を忘れにくい。

そんな内容になっています。

まとめ

まとめ

いかがだったでしょうか?

主に英会話勉強初心者向けのおすすめ本を厳選して5つ紹介しました。

中でも一番のおすすめは以下です。

非常にわかりやすい内容で初心者にもってこいの一冊です。

ぜひこれから始めてください。

継続すればかならず英語はしゃべれるようになります。

当ブログでは、英語初心者向けに英語学習のノウハウやおすすめオンライン英会話を紹介しています。

興味のある方は是非覗いていってください。

-英語参考書

© 2020 イチロブログ