英語の違い・英語表現

great,wonderful,fantastic,awesome,amazing|素晴らしいの英語表現多過ぎ! 違い・例文

great,wonderful,fantastic,awesome,amazing|素晴らしいの英語表現多過ぎ! 違い・例文

“すごい””素晴らしい”を表現する単語って英語ではいっぱいあります。

「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」

あなたはこれらの違いがわかりますか?

下記Google翻訳してみました。

Google翻訳結果「素晴らしい」1

全部”素晴らしい”です。

それ以外にも”素晴らしい”を表現する単語は

「brilliant」「wonderful」「splendid」「fabulous」などがあります。

それらも含めてGoogle翻訳してみました。

Google翻訳結果「素晴らしい」2

すごいですね。全部”素晴らしい”です。

決してこれが間違っているわけではないです。

確かにどれも”素晴らしい”です。

本記事で違いを解説します。

本記事を読むと以下のことが分かります。

✓この記事を読むとわかること

  • 「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」の意味の違い
  • 「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」を使った例文

本記事を書いた人は下記のような人です。

✓本記事の信頼性

プロフィール

当ブログでは、英語初心者向けに英語学習のノウハウやおすすめオンライン英会話を紹介しています。

興味のある方は是非覗いていってください。

「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」の意味の違い

「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」の意味の違い

そもそも、“Good”という単語も、「良い」を表します。

“very good”「とても良い」を表します。

ここまではいいですよね。

「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」はどれもGood よりもすごいのはわかりますよね。

ではそれぞれのすごさの度合いはどうでしょうか?

結論以下の通りです。

レベル1レベル2 レベル3レベル4レベル5
good great wonderful fantastic awesome≒amazing

こんな感じです。

そこで、最上級のレベル5クラスにはいくつか他の表現もあります。

(以下は素晴らしい以外の意味)

awesomeおそるべき/荘厳な
amazing驚くべき/驚異的な
brilliant 光輝く/華々しい
splendid 華麗な/見事な
fabulous 伝説上の/架空の

「great」の意味・例文

「great」の意味・例文

“great”は“very good”より少し素晴らしい時=大変すばらしい時に使います。

例文

Your works is great!
あなたの作品素晴らしいわ!

ここで大事な注意点が有ります。

レベル3以上の素晴らしいには、“very”は使いません。

何故なら、すでにVeryの表現が含まれているからです。

“very great”とは言わないのが通例です。

もしなんらかさらに強調したい時は「絶対的に」という意味の“absolutely”、「実に」という意味の“really”使うのはOKです。

ちなみに、soも使えます。

例文

Your works are absolutely(really) great.
あなたの作品は本当に素晴らしい。

例文

You are so great!
君ってなんて素晴らしいんだ!

ポイント

  • greatはveryと合わせては使いません。

「wonderful」の意味・例文

「wonderful」の意味・例文

”wonderful” :wonder =「不思議、驚き」という意味からくるので、なので「wonderful」は「驚くほど素晴らしい」というニュアンスです。

例文

It's wonderful to go skiing in summer.
夏にスキーに行くなんてすばらしい

例文

We had wonderful weather during the summer holidays.
夏休み中はすばらしいお天気だった

ポイント

  • greatと同様veryと合わせては使いません。
  • 「驚くほど素晴らしい」というニュアンスです。

「fantastic」の意味・例文

「fantastic」の意味・例文

”fantastic”: 「現実離れしているほど素晴らしい」なので、微妙にwondwerfulより「fantastic」の方が意味合いが強い印象があります。

例文

Their films are the most fantastic of all.
それらの映画が一番素晴らしい。

例文

That job became a fantastic experience.
その仕事はすばらしい経験になりました。

ポイント

  • 微妙にwonderfulより「fantastic」の方が素晴らしさの意味合いが強い印象。

「awesome」の意味・例文

「awesome」の意味・例文

“awesome” :極端な状況に対して使う俗語で「最高の/すごい」という意味になります。

例文

This musician is extremely awesome.
このバンドはめちゃくちゃかっこいい。

例文

That opera musical was awesome.
そのオペラは最高でした。

ポイント

  • 日本語でいうところの「素晴らしい」よりも「めちゃすごい!」がぴったりくる表現。

「amazing」の意味・例文

「amazing」の意味・例文

“amazing” : 「びっくりさせる」という意味の動詞“amaze”から派生している言葉なので「驚くほどすごい」というニュアンス

例文

That is amazing!
それは素晴らしい! 

例文

He has an amazing talent for playing guitar.
彼には驚くべきギターを弾く才能がある

ポイント

  • 日本語でいうところの「素晴らしい」よりも「めちゃすごい!」がぴったりくる表現。

その他の素晴らしい表現は?

その他の素晴らしい表現は?

英語にはまだまだ「素晴らしい!」とおうニュアンスの表現が多数存在します。

ここではさらに3つ紹介します。

“brilliant“

  • 「光り輝く」「きらきら輝く」という意味。
  • 「輝いている」という意味をもつ、brightよりもより強い輝きを表す言葉
  • このニュアンスから、「見事な」「華々しい」という意味でも使える

“splendid“

  • (作品、景色などの見たが)非常に優れている、美しい、印象的という意味
  • どちらかというと物に対して使う
  • 日本語では「華麗な」「輝かしい」「素晴らしい」という言葉が当てはまる

“fabulous”

  • 「架空の」という意味も持つことから、ややファンタジックなニュアンス

まとめ

まとめ

最後にまとめます。

「great」「wonderful」「fantastic」「awesome」「amazing」

  • “great”:“very good”より少し素晴らしい時=大変すばらしい時に使います。
  • ”wonderful”:wonder =「不思議、驚き」という意味からくるので、なので「wonderful」は「驚くほど素晴らしい」というニュアンスです。
  • ”fantastic”:「現実離れしているほど素晴らしい」なので、微妙にwonderfulより「fantastic」の方が意味合いが強い印象があります。
  • “awesome”:極端な状況に対して使う俗語で「最高の/すごい」という意味になります。
  • “amazing”:「びっくりさせる」という意味の動詞“amaze”から派生している言葉なので「驚くほどすごい」というニュアンスが漂います。

以上、「素晴らしい」を表現する英語の違いを解説しました。

当ブログでは、英語初心者向けに英語学習のノウハウやおすすめオンライン英会話を紹介しています。

興味のある方は是非覗いていってください。

-英語の違い・英語表現

© 2020 イチロブログ