英語の違い・英語表現

「そういえば」「ところで」話を変えるときに使える英語表現4つ!incidentally,by the way,apropos ,that aside

「そういえば」「ところで」話を変えるときに使える英語表現4つ!incidentally,by the way,apropos ,that aside

「ところで」を表現する単語って英語ではいっぱいあります。

「incidentally」「by the way」「apropos」「that aside」

あなたはこれらの違いがわかりますか?

Google翻訳してみました。

下記画像みてください。

どれをどんな状態で使えばいいか分からないですよね。

「incidentally」「by the way」「apropos」「that aside」

誰もが知ってるのは、by the way=BTW でしょうか。

それ以外はあまりなじみが無い人もいるかもしれませんが、本記事で違いを解説します。

本記事を読むと以下のことが分かります。

✓この記事を読むとわかること

  • “incidentally”,”by the way”,”apropos”,”that aside”の意味の違い
  • “incidentally”,”by the way”,”apropos”,”that aside”を使った例文

本記事を書いた人は下記のような人です。

✓本記事の信頼性

プロフィール

当ブログでは、英語初心者向けに英語学習のノウハウやおすすめオンライン英会話を紹介しています。

興味のある方は是非覗いていってください。

“incidentally”,”by the way”,”apropos”,”that aside”の意味の違い

“incidentally”,”by the way”,”apropos”,”that aside”の意味の違い

まず結論から。

  • “incidentally” :”incident” 「付随」 の副詞版。
    「ついでながら」「ついでに言えば」「ちなみに」といった意味で、あることに対して不随するニュアンス。
  • “by the way” :話題を変えるときに使えるオールマイティなフレーズ。
    日本語なら「ところで」「話は変わりますが」と言うニュアンスで使える。
  • “apropos”:「ついでながら」「それはそうと」といった意味で使う。
    こちらも、話題を変えるときに使えるの単語。
    全く違う意味で「相応しい」という意味もあります。あまり普段の会話で使う人はいません。
  • “that aside”:”aside”が「傍らに」や「(それを)のけて」の意味。
    話していた内容・話題を that で意味し「それはさておき」というニュアンスでで使える話題転換フレーズ。

これだけではわかりにくいと思うので、例文を使って解説していきます。

“incidentally”の意味・例文

“incidentally”の意味・例文

“incidentally” :”incident” 「付随」 の副詞版。

「ついでながら」「ついでに言えば」「ちなみに」といった意味で、あることに対して不随するニュアンス。

“incident”には「事件」というような意味もありますが、副詞になると「ちなみに」として使えます。

Incidentally は文頭で使います。

最後に、情報を付け加えるときにつかいます。

例文

Incidentally, The toilet in this room is broken.

ちなみに、この部屋のトイレは壊れるんだ。

“by the way”は普段の会話やフォーマルな場どちらでも使えますが、

“incidentally”はビジネスでのメールなどでよく使う印象です。

ポイント

  •  “incidentally”は文頭で使う。
  •  使うのはビジネスのメールなどが主。
  •  By the way の方が日常でも、ビジネスでも幅広く使える。

“by the way”の意味・例文

“by the way”の意味・例文

“by the way” は話題を変えるときに使えるオールマイティなフレーズ。

「ちなみに」「ところで」「話は変わって」というニュアンスで使えます。

メールやチャットなどでは長ったらしくなるのを防ぐために”BTW”と表現します。

基本的には文頭で使いますが、文末でも使えます。

例文

BTW, She seems to finally get married.

ちなみに、彼女ついに結婚するらしいよ。

ポイント

  • by the way”は文頭でも文末でも使える。文末の場合は、会話上のときが多い。
  • 日常会話でもビジネスでも使える。
  • 略語は”BTW”

”apropos”の意味・例文

”apropos”の意味・例文

“apropos”は「ついでながら」「それはそうと」といった意味で使える単語。

あまり普段の会話で使う人はいません。どちらかというとメールや書面上での利用が主劉です。

例文

Apropos, I have something to want to say to you.

そういえば、あなたに言いたいことがあるんだ。

apropos は単独でも話題を変えるときに使えますが、”apropos of -”「~(の話題)といえば」といった使い方がより一般的です。

例文

Apropos of the earthquake last night,I was scared that the cupboard fell down.

昨夜の地震といえば、食器棚が倒れてきて怖かったよ。

ポイント

  • “apropos”は単独で使う場合は、話の切り替えに使える。
  • ”apropos”を使う一般的な用法は”apropos of~”「~といえば」のように、話題転換というより、話題の開始のようなニュアンスで使うのが一般的。

“that aside”の意味・例文

“that aside”の意味・例文

“that aside”は”aside”が「傍らに」や「(それを)のけて」の意味。

話していた内容・話題を that で意味し「それはさておき」というニュアンスでで使える話題転換フレーズです。

例文

例文

Ok. thank you for your feedback..

That aside, did you get the documents I asked the other day?

了解です。連絡ありがとう!

それはさておき、先日お願いした資料はできた?

また、以下のよう表現が日常会話でも使えます。

  • “This is just an aside, but ~”「これは余談なのですが」
  • “Joking aside” 「冗談はさておき」

ポイント

  • “that aside”は文頭で使う。
  • 文頭の内容を”横に置いといて”というニュアンス。
  • 使えるフレーズ①:“This is just an aside, but ~”「これは余談なのですが」
  • 使えるフレーズ②:“Joking aside” 「冗談はさておき」

まとめ

まとめ

最後にまとめます。

“incidentally”

  • “incidentally”は文頭で使う。
  • 「ついでに言えば」「ちなみに」といった意味で、あることに対して不随するニュアンス。
  •  使うのはビジネスのメールなどが主。
  •  By the way の方が日常でも、ビジネスでも幅広く使える。

“by the way”

  • by the way”は文頭でも文末でも使える。文末の場合は、会話上のときが多い。
  • 話題を変えるときに使えるオールマイティなフレーズ。
  • 日本語なら「ところで」「話は変わりますが」と言うニュアンスで使える。
  • 日常会話でもビジネスでも使える。
  • 略語は”BTW”

“apropos”

  • “apropos”は単独で使う場合は、「ついでながら」「それはそうと」といった意味で使える。
  • ”apropos”を使う一般的な用法は”apropos of~”「~といえば」のように、話題転換というより、話題開始のようなニュアンスで使うのが一般的。

“that aside”

  • 話していた内容・話題を that で意味し「それはさておき」というニュアンスでで使える話題転換フレーズ。
  • 以下のようなフレーズで使うのがスマート。
    使えるフレーズ1“This is just an aside, but ~”「これは余談なのですが」
    使えるフレーズ2“Joking aside” 「冗談はさておき」

以上、話題の転換に使えるフレーズについて解説しました。

当ブログでは、英語初心者向けに英語学習のノウハウやおすすめオンライン英会話を紹介しています。

興味のある方は是非覗いていってください。

-英語の違い・英語表現

© 2020 イチロブログ